真ユピテルの試練

真ユピテル超級の攻略解説はこちら


タイムアタック開催、真ムム超級開放、真ミド超級開放と怒涛の2週間が終わり、平穏を取り戻しつつあるドラガリアロスト。

そんななか、明日から真ユピテルの試練 超級が開放されます。

先に開放されていた真ムム超級と真ミド超級は、TAに割く時間の関係で一切手を付けていなかったので、私にとって真ドラゴンの試練の超級に挑むのはこの真ユピテルの試練が初めてになります。

どうも、パッセです。

選択と集中の結果、真ゾディ上級と真ユピ上級は比較的容易に周回できるようになったので、みんなが真ミド超級に挑戦している間も黙々と真ゾディアークを狩り続けていました。

その結果、真ゾディアーク産の真ドラ武器はロッド、杖、刀、短剣の4本を作製完了しました。
34CD6172-579F-4F73-BE78-F38FB76E608D

で、尻尾の在庫もまだ余裕があるので、あとは槍か斧を作ろうと思っています。
D271003C-74E2-43E0-B3DA-5F1B7B2AFD3D

真ユピテルの試練の中級や上級はフェス限クラウ4人での周回が安定していましたよね。

楽に周回できるというだけならまだしも、タイムアタックの編成もフェス限クラウ一色となったのはさすがにキャラ性能に偏りがあると言わざるを得ません。

そこで、中級や上級と行動パターンが異なる超級ともなると、このフェス限クラウ4人編成では超えることが困難なギミックを混ぜて来るのはほぼ確実です。

そうでもなければ、さすがに他の闇属性キャラが不憫です。

例えば、開幕足切り以外で必ず被弾する攻撃を高い頻度でやられると、リジェネが間に合わずヒーラーが必須になりますし、開幕ダメージを斧や槍、防御バフがなければ耐えられないといったダメージにされるとフェス限クラウ4人編成が不可能になります。

また、フェス限クラウの強みはバフフィールドの重ね掛けによる攻撃力増幅なので、バフフィールドに集まることができないように、常に帯電させてしまう、といったことも考えられます。

また、真ゾディ武器の1本目はほぼ全員がフェス限クラウ用のロッドを作ると思うので、野良はフェス限クラウで溢れかえることが容易に想像できます。

このことから、フェス限クラウ以外にも出せるキャラは増やしておいた方が良いので、残りは実装されてから、様子を見て作ろうと思います。

真ユピテルは、実装当時からフェス限クラウ4人によって辛酸を嘗めさせられてきたと思うので、超級実装でどのような行動をしてくるようになるか、戦々恐々としつつも、しっかり準備して臨もうと思います。

クリア出来たら攻略記事も書こうと思いますので、よろしくお願いします。

以上、パッセでした!